© Norisige 2018     information: one arrow to the sun records / Norishige management 

PROFILE

Norishige

岩手県出身、在住。東京拠点にバンドやソロ活動と行うと共に、Eric Martin・石井竜也などバックコーラスとしてレコーディングやツアーに抜擢されるなど精力的に活動。

震災直後、故郷・岩手県沿岸で生まれた楽曲「歩きましょう」が『三陸に仕事をプロジェクト”浜のミサンガ環“』のCM曲として起用され、岩手・宮城のTV始め全国のメディアで注目を集め合唱曲として各地で歌われるとともに、松本哲也、池田綾子などアーティストによりカバーされる。 

2012年夏、初のソロアルバム「As One」がリリース。

2018年10月に待望の2ndミニアルバム「Take it slow」をリリース予定。自身のルーツであるSoul、R&B、Jazz、Afrobeat、POPSをふまえ、日本語を大切にした歌の中で、岩手の豊かな自然と都市部を往来する彼ならではの感覚が表現されている。ピーター・バラカン氏のイベントへの出演など、岩手や東京はじめ全国でライブ活動中。

さらに、同年10月に岩手・大槌町の方言を駆使し、アンニュイかつ躍動的なご当地サウンド・プロジェクト『ナンダ★モンセ』をプロデュース、ミニアルバムをリリース予定。